白執事の徒然なる日々


主にコンピュータ関係の記事を書いています。

プロフィール

白執事☆

こんにちは、白執事です。
PC関係の記事を書いていきますので
よろしくお願いします。

Raspberry Pi のシステム時刻を変更する

このページの目標

Raspberry Pi は初期状態だと、システム時刻が世界標準時間に設定されています。
このページでは、日本標準時間に固定する方法を説明します。


Raspberry Pi の現在時刻を表示してみる

Teraterm で Raspberry Pi につなぎ、次のコマンドを実行してみましょう。
date

現在の時刻とズレているはずです。


時刻を日本に合わせる

次のコマンドを実行します。
sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

現在時刻を表示してみます。
date

現在の時刻と合致しているはずです。

しかし、1つ大きな問題があります。
Raspberry Pi を再起動すると、システム時刻が世界標準時間に戻ってしまいます。
次の項目で、起動時にシステム時刻を変更してみます。


起動時にシステム時刻を変更する

(1) /etc/init.d/ ディレクトリに移動。
cd /etc/init.d/


(2) 起動時に実行するスクリプト autorun_date を新規作成、編集する。
sudo nano autorun_date

[書き込む内容]
#!/bin/sh
### BEGIN INIT INFO
# Provides: mathkernel
# Required-Start: $local_fs
# Required-Stop: $local_fs
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Short-Description: mathkernel
### END INIT INFO

#システム時刻を日本に合わせる
sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

Ctrl + O でファイルを保存、Ctrl + Xnano を終了します。


(3) スクリプトに実行権限を与える
sudo chmod 755 autorun_date

chmod … ファイルの読込・書込・実行の権限を変更するコマンド。change mode の略。


(4) スクリプトの権限を確認する。
ls -l autorun_date

ls … ファイルやディレクトリの情報を一覧表示する。
-l … lsコマンドのオプション。パーミッション、オーナー名、グループ名などを表示する。

次のような結果が表示されればOKです。
pi@raspberrypi:/etc/init.d $ ls -l autorun_date
-rwxr-xr-x 1 root root 324 Mar 23 13:45 autorun_date


(5) スクリプトが自動実行するように、システムに登録する。
sudo update-rc.d autorun_date defaults


(6) Raspberry Pi を再起動。
sudo reboot


(7) 再起動したら、再び Teraterm でつないで現在時刻を確認。
date

これで現在の時刻と合致していれば、設定は終了です。


各種・設定方法

【準備】 Raspberry Pi 2 を用意してみよう
(1) Raspberry Pi 2 の OS をインストールする
(2) IPアドレスを設定
(3) システム時刻を日本に設定
(4) RAMディスクを使って、micro SDを長寿命化
(5) Raspberry Pi にUSBメモリをマウント
(6) ファイアウォールを設定
(7) samba を導入して、共有フォルダを作る


スポンサーサイト

カテゴリー:Raspberry Pi | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2016年04月01日 (金)19時05分
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:http://siroshitsuji.blog.fc2.com/tb.php/27-1d386fc4