白執事の徒然なる日々


主にコンピュータ関係の記事を書いています。

プロフィール

白執事☆

こんにちは、白執事です。
PC関係の記事を書いていきますので
よろしくお願いします。

Raspberry Pi 2 に OS をインストール

用意する物

(1) micro SDHC カード
  • 16GB 以上を推奨。
    SDカードに限らず、フラッシュメモリはデータを保存するメディアとして、かなり寿命が短いです。
    同じ箇所を数千回~数万回 書き換えるだけで、その部分が機械的に読み書きできなくなります。
    それを防ぐために、SDカードの制御チップが書き込む所を分散して、なるべく長持ちするようにしています。
    つまり、空き容量が多い程、寿命が延びることを期待できるので、16GB 以上の micro SDHC カードをお勧めします。
    本来なら、Raspberry Pi の OS は 4GB 程度あれば十分ですが、後々ソフトをインストールする事も考慮しています。

(2) カードリーダー
  • micro SDHC に対応しているなら、100円ショップで売っている物で十分です。


用意するソフト

(1) SD Formatter
  • こちらからダウンロードしてインストールしておきましょう。
    https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

    ※Windowsにインストールせずにプログラムを取り出す方法。
    • 例えば、ダウンロードした SDFormatterv4.zip をCドライブ直下に解凍したら、C:\SDFormatterv4\setup.exe ができるはずです。
      その前提で、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行すると setup.exe が解凍されます。

      "C:\SDFormatterv4\setup.exe" /a /s /v/qb /vTARGETDIR="C:\SDFormatterv4"

      下記フォルダに入っているファイルを1カ所に集めると、SD Formatter を正常に動かせるはずです。
      C:\SDFormatterv4\program files\SDA\SD Formatter
      C:\SDFormatterv4\System32
      C:\SDFormatterv4\Windows\system32

(2) Win32DiskImager

(3) Raspbian


micro SD をフォーマット

(1) カードリーダーに micro SD カードをセットして、PCに接続します。
  • PC が micro SD を認識したら次に進みます。
    ※フォーマットするとデータが消えるので、データがある場合はバックアップしておいて下さい。

(2) SD Formatter を起動します。


  • オプションは下記のように設定して下さい。


    OK をクリックすると前の画面に戻るので、表示されている条件で良ければフォーマットして下さい。


micro SD に Raspbian をインストール

(1) Win32DiskImager を起動します。


  • このように設定できたら、Write をクリックして下さい。
    書き込みに成功したら、OSのインストールは完了です。


各種・設定方法

【準備】 Raspberry Pi 2 を用意してみよう
(1) Raspberry Pi 2 の OS をインストールする
(2) IPアドレスを設定
(3) システム時刻を日本に設定
(4) RAMディスクを使って、micro SDを長寿命化
(5) Raspberry Pi にUSBメモリをマウント
(6) ファイアウォールを設定
(7) samba を導入して、共有フォルダを作る


スポンサーサイト

カテゴリー:Raspberry Pi | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2016年04月01日 (金)19時03分
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:http://siroshitsuji.blog.fc2.com/tb.php/25-000c1131